Blog

一発で!劇的に!に騙されないためのコーチングミーティング


苫米地理論から見れば、内部表現が書き換るのは確かに「一瞬」です。パソコンのEnterボタンを押すように、一瞬でアルゴリズムは書き換り、新たなアルゴリズムを基にした行動がスタートします。まるで人間はAIかのように、そのアルゴリズムに反する動きは取れず、行動は取れず、ホメオスタシスは現状のコンフォートゾーンへとフィードバックされます。
 
しかし一方で、コーチングという商品が、「一発で!」「一瞬で!」などというまるで「1箱100円!」とでも言うような安いマーケティングの基、売り出されている事実があります。
 
もちろんそのマーケティング戦略をもとにしたコーチの門を叩き、人生を変えるようなコーチングを受け、自らの重要度関数を書き換えることによってゴールへ向かってひた走るような人生が描けるのであれば幸いです。入り口は何でもいいのです。むしろ入ってもらわなければ意味がないのであり、「どう売るのか?」という視点にこだわらなければ良いだけの話です。
 
しかし、DAISUKEKOIDE.COMでは敢えてその「愚直さ」や「一歩の積み重ね」のような「ジリジリ感」を大切にしたいと考えています。
 
そんな時に思い出すのが村上春樹氏の言葉であり、アーネスト・ヘミングウェイの言葉であり、サマセット・モームの一言です。
 
どんなつまらないことでも、日々続けていれば、そこには何かしらの観照のようなものが生まれるということなのだろう。僕もモーム氏の説に心から賛同したい。
 
髭剃りの哲学ですね!
 
 
コーチに一瞬で書き換えてもらってあとは楽勝!というなんとも平べったい感覚ではなく、しっかりと腰を据えて、デザインされた道筋を、一歩一歩踏みしめることに喜びを感じるような感覚です。一歩の進歩を大手を振って喜び、エフィカシーを高め、そして次の一歩はさらに大胆に踏みしめてみるイメージです。
 
誰かに書き換えてもらうのも嬉しいですし手っ取り早いのかもしれませんが、きっと私たちが自分の人生に望むものは、「自らの力」でして、一歩を力強く踏みしめ、そして自分のゴールを自分で決め、その懇願の旗に向かって、外連味なく進んでいくことではないかと思います。
 
そうして一歩ずつを喜びとともに噛み締め、そしてハタと振り返ると、スタート地点からは遠く離れ、目の前にはあの懇願していた旗が立っている。おっと慌ててゴールを更新しよう。次の旗を立てようというイメージです。それは誰かに言われたからではなく、自分の人生を楽しむ為の嗜みであり、この制限だらけの物理空間で思い切り遊び尽くすための脳の使い方です。
 
その一歩一歩を楽しみたいという方のための良いきっかけとしてのミーティングになればと考えています。
 
自らのゴールは何かを問い続けることは、ゴールを予め用意された世界で育った私たちにとって、最初は苦行でしかありません。突如として現れた「ゴール」という漠然とした概念と向き合うとき、私たちは途方に暮れてしまいます。
 
そして途方に暮れた結果、ほとんどの方が「ゴールなんて見つからないよ」と諦めてしまいます。実は目の前に、ころがっているにも関わらずです。それがまさにスコトーマの原理であり、苫米地理論が伝えたいことの一つです。
 
そのゴールが見えない原因の一つがエフィカシーであり、すでに書き込まれたアルゴリズムであるというのが、コーチングという機能の発揮に価値があるポイントです。エフィカシーの低さがゴールを見えなくし、エフィカシーの低さがさらに低いエフィカシーを海馬と扁桃体で増幅させてしまいます。
 
しかし、それでも自らのセルフトークを省み、無意識を意識に上げ、そしてゴールとは何かという永遠に帰結の無い問いに向き合うものこそに、その扉は開かれるのです。
 
その頃には、ゴールとは何かという思考は「筋肉」のように育っています。DAISUKEKOIDE.COMでは仮にそれを、「ゴール筋」と名付けましたが、ゴールがいとも容易く設定され、更新され、消され、達成される脳みそを獲得するということです。
 
DAISUKEKOIDE.COMのクライアントさんの面白い特徴は、「ゴール」に対して、自分勝手なアプローチを様々な角度から考え、ゴールを作り続けることです。こんな見つけ方もあるのか?無理矢理過ぎやしないか?無理矢理であれなんであれ、心からwant toと感じるゴールを見つけた者の勝利です。
 
コーチングの理論を理解していますという平べったい議論ではなく、徹底的に、そして愚直に使いこなし、アップデートし、間違いをおかし、それでも前に進んでいくような強力なマインドを身につけることです。そこにはデザインがあり、そのざっくりとしたデザインの中に、低い抽象度で「独自」の無理矢理なやり方があってもいいのです。正しいか正しくないかではなく、重要なのはゴールを見つけ、報酬系を発火させることです。
 
・コーチングをじっくりと使いこなせるようになりたい。
・ゴールの立て方をしっかりと学びたい。
・まだ上手くコーチングを使えていない気がする。
 
そんな方に最適なミーティングです。
 
宇宙は取るに足らない作業の積み重ねで成り立っているということを体感し、しかしその「取るに足らない作業」こそに価値があり、面白さがあり、成長があり、そこから生まれた成長こそが人生に喜びを与えるという感覚を味わいましょう!
 
コーチングを通じて「自らの脳を操る」というテーマは、愚直に腰を据えて取り組んでいくテーマとしては、あまりある価値があります!
 
日  時 11月12日(土)
時  間 13:00から(約2時間)
場  所 広島市内(参加者のみにご連絡致します)
参加資格 ブログ読者
定  員 3名
価  格 15000(入金完了後、参加資格となります)
応  募   こちらまで「11/12ミーティング参加希望」と明記し、お名前とその動機をお書きください。
特  典 コーチングセッション特別価格での提供(1ヶ月以内)