Blog

【コーチング事例】1ヶ月で9kgのダイエットに成功したクライアントのゴール設定


コーチングを受けて頂いたクライアントの方から、嬉しい報告が届きました。
 
たった1ヶ月で、9kg以上の減量に成功しました!あともう少しで自分のベスト体重まで行きそうな勢いで、楽しく体質改善しています。」
 
この方とのコーチングセッションは今のところ2回、今回は本人に許可を頂いて、事例の1つとしてインタビュー形式でご紹介したいと思います。
 
 
4
 
 
小出「凄いですね。ぜひブログでご紹介したいんですけど、どうやって1ヶ月で9kgもの減量に成功したのか。色々と詳しく教えてもらえますか?」
 
クライアント「もちろんです。コーチングの威力というか、マインドの使い方が変わるだけで、こんなに変わってしまうのかと、自分でも正直驚いています。コーチングの凄さというか、素晴らしさみたいなものを、より多くの皆さんに知ってもらいたいですし、私の例でよければぜひ!」
 
小出「ありがとうございます。僕のクライアントさんの中で、ダイエットに成功したという例は初めてなので、是非話を伺ってみたいと思います。実際に、2回のコーチングセッションを受けて頂いて、どんな変化があったか?2回のセッションでは、いずれもダイエットの話は少し話した程度で、そんなに主題テーマではなかったですよね?
 
クライアント「そうですね。主に仕事のことや人間関係のことについて、小出コーチのコーチングでは話をさせてもらったと思います。ダイエットに関しては、ベスト体重はこのくらいです。くらいの話でした。」
 
小出「それにしても1ヶ月で9kgっていうのは、ホントに凄い成果ですよね。」
 
クライアント「そうですね。コーチングセッションを受けた後に、自分のマインドの使い方が明らかに変わってきたっていう実感があって、最初は仕事にコーチングを使いたいと思っていたんですけど、それだけじゃもったいないなと・・・。そこで自分なりに「健康」のゴール設定をしたんです。その中のひとつが、ダイエット、いわゆる自分のベスト体重で快適に過ごす。というものでした。」
 
小出「おお。素晴らしいですね。まだ2回のセッションなのに、既にマインドを自分で操って、どんどんゴール達成してる・・・!」
 
クライアント「そうなんです。でも別に、凄い気合いを入れてとか、目標を紙に書いて!みたな無理な感じは全然なくて、ホントに自然と、自分でもびっくりするくらい自然と体重が落ちていって、身体も軽くなったし、一番感じてるのは、身体の”キレ”みたいなものが凄く出てきたなと。そうすると、精神的にも凄い余裕が出てきて、とにかくなんだか、いいことだらけなんで、嬉しくなって小出コーチに報告させてもらったんです。」
 
小出「マインド使い倒してますね 笑 そのゴール設定から、実際に結果が出るあたりまで、よかったら詳しく教えて下さい。」
 
クライアント「まずは自分のベスト体重である65kgっていうところにゴールを設定しました。学生時代、バリバリスポーツをやっていた頃の体重に、少し筋肉を付けたくらいのイメージで、このくらいが自分の一番理想な体型だなあ。ってことで」
 
小出「おお。なるほど。凄く臨場感の高いゴール設定ですね。」
 
クライアント「だけど、私は食べるのも凄く好きで、食べるのを我慢したり、制限したりしたくはなかったんです。」
 
小出「大切ですよね。マインド的に言っても「制限しなければならない」となった時点で、どこかhave toが出てきてしまいますしね。」
 
クライアント「そうですね。今までダイエットにチャレンジしてきたんですけど、毎回その「have to」みたいなマインドに負けてしまっていた気がしていて、今回はやりたくないことはやらない。やりたいことだけやって、痩せよう!みたいに思ったんです。そんなふうに考えていると、「じゃあ食べた以上に動けばいいじゃん」ってことに気づいたんですよね。」
 
小出「おお!なるほど」
 
クライアント「で、とりあえず、夜に走ることにしたんですね。」
 
小出「あーいいですね。シンプルに走る」
 
クライアント「そうすると、とにかく気持ちよかった。なんか清々しいというか、なんで今まで、走ってなかったんだろうみたいな
 
小出「走ることが気持ちよい!ということがスコトーマ(心理的盲点)だったわけですね」
 
クライアント「ほんとそうなんですよ。だから今はもう逆に、走るとストレスも発散できるし、お風呂も気持ちイイし、ぐっすり寝られるし、仕事にも良い影響が出てるんですよね」
 
小出「バランスのいいゴール設定が、一気に動き出してますね」
 
クライアント「それで、もう一つやろうと思ったことがあって、「ご飯をゆっくり食べる」っていうこと。」
 
小出「じゃあ1ヶ月で9kg痩せる為にやったのは、走ることとゆっくり食べることだけ?」
 
クライアント「そうなんですよ。たったそれだけです。でもゆっくり食べることで、さらに自分の中で、色んな気づきが出てきたりして。」
 
小出「おお。どんな気づきですか?」
 
クライアント「なんか今まで、私の中で「ご飯を残してはいけない」みたいなブリーフシステムがあったんだなあっていうことに気がついて。小出コーチに伝授されたセルフトークの回し方みたいなところを常に実践してると、日頃気づかないことに気づくようになるんですよね。」
 
小出「それはすごいですね。自分で自分の内部表現を書き換えちゃったわけですね」
 
クライアント「そうなんです。なんか凄い色んなことに気づくようになって、もちろんご飯を残すことは、良くないんですけど、自分の健康を害してまで、我慢してお腹いっぱい以上食べたって仕方ないなと。そういうマインドになってからは、お店に行っても注文する時に、このくらいなら食べられそうだなとか、今まで気を使わなかったところまで気が回るようになって、結果的にあれだけ好きだった「食べること」に対する考えもガラッと変わってきたんです。」
 
小出「なるほど。自分のブリーフをしっかり見ることで、色んな変化が連鎖的に起こってきたわけですね。」
 
クライアント「そうなんです。コーチングって、ここまで使えるのか!って正直ビックリしてるというか、これからもこのマインドの使い方でどんどんゴールを立てて、楽しみたいなと思ってるんです」
 
小出「おお。良いゴールですね。マインドを上手く使って、人生を楽しむ!というゴールですね」
 
クライアント「はい。ホントにこれからまだまだ面白いことが待ってると思いますし、ダイエットだけじゃなくて、色んなシーンで使ってやろう!って思ってます 笑」
 
小出「ぜひ、これからもどんどん使って下さいね」
 
クライアント「小出コーチ今後とも、ヨロシクお願いしますね 笑」
 
 
これは非常にシンプルなコーチングの成果事例です。
 
クライアントさん自らがゴールを設定し、スコトーマを外し、自分のマインドを「ゴールありき」で上手く使っていかれた素晴らしい例です。
 
これはダイエットだけではなく、様々なシーンで活用頂くことができるでしょう。
 
コーチングの面白さはそこにあります。一度マインドの使い方を憶えてしまえば、それを使うことが当たり前となり、「ゴール達成」が当たり前、楽しいのが当たり前というコンフォートゾーンが形成されます。
 
ぜひ皆さんも、コーチングをご自分の人生に取り入れて、ゴールを立て、どんどん達成、更新してみてください。本当に、面白いですから。
 

【コーチングミーティング in大阪】

日時:5/28(土)
時間:13:00~14:30
価格:12000円(お茶代込み)
場所:大阪市内 ホテルラウンジ
人数:3名
予約:参加費の事前振込を頂いた時点で予約完了
 
私、小出大輔がファシリテーターとなりブログや書籍では学べないコーチングのより深い部分を皆様とともに体感し、コーチングを身体に落としていきます。
 
※限定人数に達し次第募集終了となります。
※参加費にはお茶代も含まれます。
 
下記URLもしくはinfo@daisukekoide.comにて受付を行なっております。
 

5/21(土)セミナー情報 

rp_26636084785_a6b0be5577_o.png

 
詳細はこちら
 
 
 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する