Blog

地位も名誉も、富も名声も、命すらも要らない


地位も名誉も、富も名声も、命すらも要らない。
 
そういう人間こそが、大事を成し遂げるのであると同時に、そういう人間こそが、幸せな人生を歩むことができるのだと思います。地位も名誉もGETしてしまった人は、それを死守しようと必死になります。それはどこか辛そうです。
 
 
逆に命すらもいらない覚悟で暗闇に跳躍していく若者の美しさは永遠です。私たちはいつもその美しさに魅了され、どうか自分もそうありたいと願います。そして願うのではなく、我々が跳躍していくことにより、また周りの人々に勇気や力を与えることができるということです。
 
 
それがゴールを設定するということの成せる技であり、脳を上手く使うということの本質であり全てではないかと、最近よく思います。
 
 
コーチである自分自身も、そのような人生でありたいと常にゴールを更新し続けています。コーチングを学んで気がつくことは、この「ゴール設定」こそが、最も重要であり、最も大変な作業であることが理解できるかと思います。
 
 
我らのスーパースターであるスティーブ・ジョブスは自らの人生をどう使うかを18ヶ月間大学を退学したのに通いながら探しました。日本最強のビジネスマンである孫正義は会社を創業後18ヶ月間、なんの業務もせず、ただ自らのゴールを描き出すために時間を費やします。
 
 
日本古来から伝わるヒーローである三年寝太郎は、地元が旱魃にあえいでいる中で3年間眠り続け、最後は大逆転の作戦を編み出してそれを実行に移しました。
 
 
コーチングは、ゴールさえ決まってしまえばあとは進むだけです。任せるのは無意識であり、感覚としてはオートパイロットです。
 
 
無意識が全てのスコトーマを外す感覚は、ある意味で「神の啓示」にも思えるような感覚であるといいます。まさに「神」がいて(いませんが!w)その神がまさに、自らに力を与えるように次々と問題を解決させ、必要な人を与え、金を与え、機会を与えます。
 
まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。
(マタイ福音書)
 
「 ゴールを持つ者(神の国と神の義を持つもの)には、全て添えて与えられるであろう」とはイエス・キリストの言葉であり、全て添えて与えられるとは、現代認知科学の見地で言えば、スコトーマは外れるであろうといったところかと思います。
 
 
しかし逆にゴールがなければそれら全ては見えません。それが人間の脳の働きであり、我々に与えられた機能であり宿命です。重要度がなければ何も見ることはできず、何も成すことはないのです。
 
 
ルータイスは「ゴールありき」といいました。強烈に成したいゴールさえあれば、我々は全てを発見し、全てを達成することができるということです。
 
有名になりたい。ちやほやされたい。
 
そんな自らの中の無邪気な空想など、今すぐに嘲笑うことです。そんなものを嘲笑って、自らのゴールに集中することです。自らに質問を繰り返し、自らの人生において「本当にやるべきこと」に没頭することです。
 
 
The Crazy Ones〜愚かであれ。バカであれ〜というのが、我らがスーパースターが残した言葉であり、人生を謳歌する為のシンプルでパワフルなプリンシプルであるのだと思います。
 
 
栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
(マタイ福音書)
 
 
食うものにも飲むものにも着るものにも思い煩うことなく、ひたすらにゴールに向かうとき、そのゴールは達成されると同時に、我々は人生における大きな幸福感と救いを与えられるのではないかと思います。そして飽きることなく、ゴールを引き上げて、まだ先に続くその道(未知)を突き進んでいくのだと思います。
 
 
 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する