Blog

失敗が怖いを一発解決する「内部表現書き換え実践法」


やってみたいことがあるけど、一歩が踏み出せない
現状の外に行くのが、怖い・・・
 
そんな風に、未経験や未体験ゾーンにイマイチ一歩が踏み出せず、日々悶々とした日常を送っていらっしゃる方がいらっしゃいます。
 
しかし、マインドの使い方を変換すれば、その問題は一気に解決します。脳のメカニズムを上手く活用する事で、「現状の外」に出るのが逆に楽しくなり、どんどん新しいことにチャレンジしていけるマインドを作っていく事ができます。
 
脳機能、認知科学などの視点から、自分のマインドを上手くマネジメントしながら、現状の外に飛び出しまくる人間になるためのジャイロボーラーコーチング流「内部表現書き換え思考法」をご紹介致します。
 

社会からの刷り込み

1

まず、「失敗が怖い」という最大の要因は、やはり子どもの頃から受けてきた様々な教育からの影響が非常に強い傾向にあります。例えば学校のテストを例に挙げてみても、間違えば点数が減らされ、単純に評価が下がります。間違ったこと(大人にとってのコンフォートゾーンの外側)をすれば、大人や教育者からキツい指導を受け、子どもの頃に受けた教育はやがて、私たちが考える以上に私たちの無意識(内部表現)に書き込まれてしまうのです。
 
するとそのうち「新しい挑戦」や「心からやってみたいこと」を思いついても、「怒られないかな?」「変に思われないかな?」「失敗したらどうしよう」という刷り込まれた内部表現が反応するようになり、
 
新しいチャレンジ
失敗を連想
怒られる。あるいは指導を受ける
それは嫌だ。
失敗しない方法を探す
挑戦しなければ、失敗もない
挑戦したくない。
 
といった無意識の判断が働くようになります。

あなたの内部表現を書き換える

 
2
 
しかし、それではきっと私たちの人生は、一生「挑戦」のないつまらない人生になってしまいますよね。
 
でも大丈夫です。私たちの無意識に刷り込まれた「内部表現」は書き換えが可能なのです。失敗に対する漠然としたイメージを以下の記事を参考に書き換えしてみてください。
 
人間は様々な判断や行動をこの「内部表現」(またはブリーフシステム)を基に行ないます。自分の持つイメージや感覚を基に、私たちの脳は様々な判断や行動を無意識に行い、やがて自分にとっての心地よい領域である「コンフォートゾーン」を作り上げていきます。
 
分かりやすく言えば、自分の人生をもっと変えていきたい。面白くしたい。稼げるようになりたい。といった考えがあるのであれば、この内部表現を書き換えてしまえばOK
 
逆に、いくら知識や経験を積んだとしても、なかなか現状の外側に行く事ができないのは、内部表現が変わっていない可能性があるのです。
 
誰かに刷り込まれてしまった様々なイメージや概念は、無意識のうちにあなた自身に様々な制限をかけているケースも少なくありません。ジャイロボーラーコーチングを受けて下さった方のほぼ全ての方がいつもおっしゃるのは「自分が自分に、ただ制限をかけていただけだった」ということ。気づいてしまえばなんてことはない、それは「ただの情報」であることが体感レベルで理解可能なのです。
 

失敗したときのマインドセット

3
 
それでは実際に、「失敗してしまったとき」に自分のマインドをいかに上手く使っていけば良いのでしょうか?ヒントは「フォーカスをどこにあてるか?」にあります。

失敗にフォーカスしてしまう

通常何も意識しない場合であれば、人間の脳は「失敗」に対して大きなフォーカスが当たるよう設計されています。例えば過去の記憶なども「楽しかった」「成功した」「嬉しかった」記憶よりも「失敗した」「悔しかった」「悲しかった」記憶の方が多い印象があるのではないでしょうか?
 
これは人間の無意識の中にある「生命維持」のための仕組みのひとつです。脳は非常に単純ですから「失敗」や「負け」などを記憶に強く書き込む事によって「次は同じ失敗は繰り返さないため」の働きを行なうように設計されています。
 
しかし、逆を言えば、これは放っておいても無意識が勝手に行なってくれる訳ですから、私たちは違う考え方をして、自分のマインドに良い意味で「揺さぶり」を掛けていく事が重要です。

現状の外へ飛び出した自分を徹底して褒める

例えばなにかにチャレンジし、失敗してしまった時。「失敗」にフォーカスを当てて物事を考えるのではなく、意識的に「現状の外」に飛び出した自分に対して、圧倒的に肯定的なセルフトークを仕掛けていくというアイデアは、シンプルですが非常に強力なアイデアです。
 
やったことないことに挑戦したオレ、すげえ!
今まで未経験なのに果敢にチャレンジした私、最高!
現状の外にどんどん出て行く僕は、素晴らしい!
 
そんなふうに、自分に対して徹底的に語りかけ、仕掛けてあげてください。意識的にこのマインドの使い方を使うようになれば、そのうち脳が「チャレンジ」=「自分を褒めること」という新しい神経回路を形成していきます。3ヶ月もすれば、圧倒的にチャレンジしまくれる、失敗なんていう発想すらないような思考法が身に付いています。通常、実際のコーチングではそのような様々な書き換えを「非言語レベル」で行なっていきますが、セルフコーチングのレベルでもセルフトークをコントロールすることによって、内部表現を書き換えていく事は不可能ではありません。
 
「失敗が怖い」たしかに人間の脳の使い方にとって、大きなテーマの一つだと思います。しかしその「怖い」は「ただの情報」であることが分かれば、コントロール可能だとわかるはずです。
 
誰もが「果敢にチャレンジできるマインド」を獲得することが可能です。だからこそ、日頃からセルフトークを徹底的に意識に挙げてコントロールすることが非常に大切であり、自分の内部表現を自分の人生に有利に書き換えてしまえばいい。それは、才能や経験などに関係なく、誰でも可能だということを知って欲しいと思います。
 
私たちは、誰もが楽しく生きていくことができる。チャレンジしたいと思う事にチャレンジすることができる。失敗を糧にして、さらに成長していくことができるのです。
 
だからこそ、「失敗」に対する内部表現をぜひご自分の中で吟味し、セルフトークを操る事によって書き換えてみてください。
 

<まとめ>

・失敗に対する社会的な刷り込みが存在することを知る
・内部表現を書き換えることで、自分の有利な方向にマインドを操ることができる
・失敗したときのマインドセットを書き換えて、挑戦しまくる自分を作る
 

【少数精鋭】圧倒的な空間で内部表現を書き換える「コーチングミーティング」

tt
 
圧倒的な臨場感の中で内部表現を次々と書き換えていく企画「ジャイロボーラーコーチングミーティング」は「頭」ではなく「身体」に落とし込むための少数限定のミーティングです。
 
ほとんどの方が、「理論は知っているけど、いまいちコーチングを上手く使えていない」という問題を抱えています。
 
今回はそんな方に対して、「頭」ではなく「体感」まで落とし込むための様々なレクチャーを行なっていきます。大勢の参加者が集うセミナーでは体感できないレベルまで体感を感じて頂くため「限定3名」とし、圧倒的な臨場感空間を共有し、内部表現の書き換えを行なって頂きます。
  
詳細はこちら

開催情報

日時:4月30日(土)
 
時間:13:00~(2時間)
 
料金:10,000円(事前振込)
 
定員:3名(定員に達し次第受付終了となります)
 
場所:広島市内(詳細はセミナー参加者の方のみにご連絡致します)
 
特典:1ヶ月無料メールコーチング他、様々な特典をご用意しております。
 
 
 

スペシャル動画プレゼント中!

スクリーンショット 2016-04-19 16.22.23

メルマガに登録するとメルマガ読者限定で配信した動画「心からwant toのゴール」を感じるための意外な秘密! をプレゼント中!今すぐ登録して動画をゲットしよう!

無料なのに充実!小出コーチのメルマガ限定コーチングに登録する

 
 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する