Blog

フィードバックとRゆらぎの関係性〜なぜそこまでフィードバックを要求するのか?〜


DAISUKEKOIDE.COMのクライアントになれば、毎日フィードバックを要求します。(いやもちろん、WANT TOなのですが 笑)
 
なぜフィードバックがそれまでに重要かと言えばシンプルにRゆらぎだからです。
 
何らかの内部表現を書き換えたいと考えてDAISUKEKOIDE.COMの門を叩く方々が、加速的に成長し、次のゴールへ向けて何のためらいもなく走り出すのは、半ば強制的に?フィードバックを取っていただくからです。
 
いや別に、嫌ならいいのですがwww
 
強制的にというよりは、「そうした方が早く自分の内部表現に介入し、書き換えて行くことが可能なのに、なぜしないの?」ということです。
 
別にしたくなければしなければいいのです。
 
ただ、DAISUKEKOIDE.COMの門を叩く、あるいはコーチングなり認知科学なりを学びたいと考えたときに、自分のフィードバックを取らないというのは価値が半減してしまうということです。
 
※現在の受講生の方は、返事がなくてもフィードバックを送りまくってください 笑 メールの件数が多すぎて、見落としてしまうケースも多いのでwww
 
フィードバックとは、大げさに言えば「止観瞑想」そのものです。
 
自分自身を自分よりも一段上の抽象度から見なければフィードバックは不可能だからです。
 
野球コーチングの現場でも同じです。
 
ただひたすらに、フィードバックを取り続けます。
 
フィードバックなき練習は、いわゆる「現状維持」そのものであり、現状よりも上手くなりたいと考える選手にとって時間の無駄でしかありません。
 
それなら練習するよりも映画を見たり音楽を聴いたり、本を読んだりしている方がましです。(いや、全部大切なのですが、フィードバックなき練習に意味はないという意味です)
 
なので時間がかかります。正確に言えば、時間がかかっているように見えます。
 
しかしその方が、成長加速度が断然違うのです。
 
フィードバックを取り続けることで、自分を一段上の抽象度から観察します。
 
そうすることで、自分のゴールへと視点が向き始めます。
 
自分がどう思ったか?
 
自分がどう考えたか?
 
自分がどう感じたか?
 
自分がどうしたいか?
 
自分は、何を理解したいのか?
 
をしっかりとフィードバックを取り続けましょう。
 
「考える」ということはそういうことです。
 
 
ONLINE SCHOOLのお申し込みはこちら
 
BRAIN WORK OUTのお申し込みはこちら
 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する