Blog

天才になりたければ、要は〇〇です!【FBあり】


あまり重要ではないほどに小さなもの。そんなものを、コツコツと楽しみながら作り上げていくことによってしか、私たちは次のパラダイムを見ることはできないのかもしれません!
 
その「あまり重要ではないもの」というのは、結局は「現在の重要度関数」で見た時でしかないのです。
 
でもなぜかやってしまう。してしまう。そういった衝動、全体的なデザインが見えているわけではなく、むいしろその部分部分一つずつを手に取り、吟味し、磨き続けることが楽しいような感覚です。
 
それは説明不要ですし、説明不可かもしれません。
 
ただただ、それが楽しいですし、それが嬉しいですし、寝食も忘れてついやってしまうような感覚のことです。
 
稀代の天才プログラマーであるリーナス・トーバルズ(Linuxカーネルの初期開発)のたった一言に集約されるような気がします。
 
「それがぼくには楽しかったから」
 
Linuxといえば、世界中の電化製品やPCを含めたあらゆる機器に搭載されるOSですね^^
 

「俺のことを邪魔する奴は許さねえ!」的なリーナスのロックな姿勢が最高ですね^^

 
地球に生きている限り、お世話にならない方が難しいほどのものを、リーナスは自宅で一人で作り、それをオープンソース化し、世界中の天才たちがそこに集い、素晴らしいOSを今尚開発し続けています。
 
DAISUKEKOIDE.COMオンライン・コーチングでは、「天才の脳の使い方を獲得しよう!」というのが一つのゴールにあります。
 
天才たちはどのように考え、感じ、実行するのか?
 
そのようなものを高い臨場感で獲得するようなイメージです^^
 
実際にDAISUKEKOIDE.COMでBRAIN WORK OUTを受講なさった方々は、ある意味で本当にCRAZYなほど、ゴールに向かっていらっしゃいますw
 
小出コーチとの出会いで、なんだか全く変わってしまいました。寝ても覚めてもやりたいと思います。その先の、現状の外の面白さを、どんどん味わいたい。その先に行ってみたい。この心のそこからの喜びのようなものは、きっと誰にも理解されないのでしょうけど、、、。そんなことはどうでもよくて、さらにゴールを更新します!(30代 男性)
 
天才になりたければ要は、「狂え」ですね^^Crazy Onesというトリガーを引き続ければOKです。
 
天才とは、誰にも理解されませんし、誰も天才の気持ちなんてわかりませんし、誰かと何かを共有できることなどほとんどありません。
 
周りからみれば完全にマイノリティですし、コンフォートゾーンを揺るがす異種な存在です。
 
だからこそ、隠れておけばOKです^^
 
ニーチェ先生も、「天才」について、次のように語っています。
 

 
天賦の才能について、持って生まれた資質について話すのはやめてくれ! わずかな才能しか持たなかった偉大な人間はたくさんいる。 彼らは偉大さを獲得し、『天才』(いわゆる)になっ たのだ。 実体を知らない人々が褒めそやす資質を欠いていたからこそ。 いきなり全体像作りにかかる前に、 適切な一部を組み立てることを最初に学ぶ有能な職人のごとき真面目さを、 彼ら全員がそなえていた。 彼らはそのための時間を取った。 なぜなら、華やかな全体像よりも、 あまり重要でない小さなものを作ることのほうが楽しかったからだ。(引用終了)
 
BRAIN WORK OUT ONLINE COACHINGのご案内はこちら
 
DAISUKEKOIDE.COMメルマガ登録はこちら
 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する