Blog

幸せのメカニズムが分かれば幸せになれる!


将来の幸せのために今努力している
いつか幸せになりたい・・・
 
この世に生きている人であれば誰でも間違いなく「幸せになりたい」と思っていらっしゃると思います。そしてそれはどこか、永遠のテーマだと感じている方もいらっしゃるかもしれません。
 
しかし、脳機能科学などをベースにしたコーチングの視点から見ていけば、誰でも今すぐに幸せになることができます。
 
え?なにそれ意味わかんない
そんなすぐに幸せになれるわけないじゃん
 
そんなことはありません。脳と心のメカニズムを理解し、幸せとはどういう状態で、自分はそのために何をすればいいのかを理解できれば、脳は一瞬にして幸せ状態になっていくのです。人間が「幸せ」を感じるとき、脳ではどのようなことが起こっているのか?そのカラクリを理解し、それに従って行動や言動を起こすだけで、誰でも簡単に幸せになれます。
 
今回はそんな「幸せ」のメカニズムを理解し、明日から何をすればいいか、すぐに結果が出る方法をご紹介します。
 

「幸せ」とはなにか?

1

脳の中で何が起こっているのか?

人間が「幸せだ」と感じる時、脳の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?答えは簡単です。
 
単純にドーパミン(感情や興奮などに関わる神経伝達物質)が出て、セロトニン(心のバランスを整える神経伝達物質)が出ている状態のこと
 
です。ただ単純にセロトニンが出れば、人間は幸せな状態になれます。たったこれだけです。めちゃ楽勝ですね。もちろんドーパミンやセロトニンを出す方法やテクニックは色々あります。
 
ではこの「幸せを感じる神経伝達物質」たちとどのように上手く付き合っていくことができるでしょうか?
 

実行する前に発動するセロトニン

ドーパミンやセロトニンの特徴は、「実際に実行する前」に大量に流れ出てくるということです。
 
例えば、「明日気になる異性とデートをする」と決まった瞬間にセロトニンが流れ出てきて幸せな気分になります。実際に幸せを感じるのは「デートをしている最中」ではなく「デートが決まって、明日はどうしようか?何着ていこうかな?何食べようかな?などと考えている間」にセロトニンはガンガン出てくるようなメカニズムになっているのです。
 
もう一つ例にとると
 
今日が土曜日で、明日は日曜日。明日も休みだから何をしよう?と考えると幸せを感じます。セロトニンの出動ですね。大量に脳内にセロトニンが流れ始め、土曜日の自分は「日曜日になにしよう?」と考えて、幸せな気分になります。
 
しかし、いざ日曜日になってみるとどうでしょう?
 
「ああ、明日は月曜日か。また明日から仕事だな・・・」
 
とあれだけ幸せに感じていた日曜日がいざ来てみると、そんなにセロトニンは出てこないようなご経験は誰しも一度は味わったことがあるはず。むしろ「サザエさん症候群」と呼ばれるような、月曜日を考えただけでイヤな気持ちになる人すら出てきてしまっています。
 
土曜日には、あれだけ幸せを感じていた日曜日が、いざ来てみるとすでに幸せではなくなってしまってる・・・。
 
このように、ドーパミンやセロトニンは「実際に起こる前」に大量に出てくる物質であり、「まだ見ぬ未来」に対してポジティブに捉えている時に出動してくるものだと言えるでしょう。
 

want toとhave to

2

「幸せ」を思い込まされていないか?

小出コーチのクライアントさんでも、このようなケースがあります。
 
真面目に勉強して、良い大学に入りました。そして大学でも真面目に取り組んで、目指す企業に入ることができました。給料も悪くないし、周りの人間関係も凄く良い人たちばかり。何も不満はないのですが、幸せを全く感じないんです。
 
この場合、「幸せ」のモノサシが「自分」ではなく「世間一般」になってしまっていて、自分のwant to(〜したい)が何もない状態になってしまっています。
 
確かに世間一般で言えば「いい学校に入って安定したいい所に勤めること」は「幸せ」だとされていますが、これはあくまで一般論であり、その人自身が本当に心の底からwant toでなければ、幸せを感じることはできません。
 
私たち人間は「自分なりの幸せ」を「自分で決定する」からこそ、幸せになれるのであり、世間や社会から「思い込まされた幸せ」では、本当の意味で幸せにはなれません。
 

社会に洗脳された「幸せ」

私たちは社会やメディアから様々な「幸せの押しつけ」を受けています。
 
痩せていることが幸せ
お金を持つことが幸せ
マイホームを持つことが幸せ
新型の車を買うことが幸せ
安定企業に勤めることが幸せ
 
様々な角度から、色んなアプローチでこの「幸せの押しつけ」を受けながら生活しています。だからこそ、「自分で決定する」ことこそ、本当の幸せに向けた第一歩なのです。
 
では、幸せになるために、セロトニンを一杯出して生きていく為にはどんなことをすればいいのでしょうか?答えは簡単です。
 

ゴールを設定すればいいだけ

3
 
人間は自分が望む心からwant toな未来を描いて、走り出そうとするときにセロトニンが出てくることはお話した通りです。
 
だからこそ、あなたが心からやってみたいwant toのゴール、未来はこんな感じの自分でありたい、こんなことができるようになりたい!というゴールを設定することです。
 
考えるだけで、ちょっとテンションが上がってきたり、自然と笑顔になったりする方もいらっしゃるかもしれません。そのくらい心から楽しいゴールを設定してみることをお勧めします。
 

バランスホイール

テーマは何でも構いません。コーチングでは「バランスホイール」という考え方があります。日本人のほとんどの人は「ゴールを設定してください」というと「職業」や「お金」のゴールのことだと思っています。しかしコーチングでは「バランス」こそが大切であり、様々なテーマでゴールを設定することをおすすめしています。
 
職業のゴール
家族関係のゴール
人間関係のゴール
趣味のゴール
社会貢献のゴール
健康のゴール
老後のゴール
精神性のゴール
 
などです。どんなテーマでもゴールをどんどん立ててOK。ゴールは多ければ多いほどいいのです。
 

完全にwant toな「こうなったら嬉しいな」

まるで子どもに戻ったような感覚で立ててみてもいいでしょう。
 
僕の知り合いでは「世界中の飴を全種類食べる!」というゴールを設定した方もいらっしゃいました。素晴らしいゴールですね!どこか考えるだけでもワクワクしてきます。
 
世界中を回って、とにかく手当たり次第に目についた飴は全部買っていく!なんてなかなかシュールな旅になりそうですし、「旅」自体にそんな目的があると、ひと味違った楽しみ方もできることでしょう!
 
そんなふうにあなたも「どんなテーマのどんなゴール」でもOKです。まずは1つ。そこから2つ、3つとゴールを設定してみて下さい。
 
そうすることで、セロトニンくんがガンガン出動してきてくれることでしょう。
 

<まとめ>

・幸せってなに?脳内で何が起こってるの?
・ドーパミンとセロトニンが出ている状態=幸せの状態
・「現在」ではなく「未来」に目線が向いたとき、セロトニンは出動する
・社会・メディアからの「押しつけの幸せ」ではなく、自分で選択する
・ゴールを設定してみよう!
・バランスホイールを基に、いくつ立ててもOK!多ければ多いほどよい!
 
 

【お知らせ】小出コーチのセミナー登壇が決定!

 s1
 
現在活躍中のプロコーチ5名が一同に会するまたとない機会となります。
詳しい内容は下記URLをご覧下さい。
 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する