Blog

【メルマガ転載】どんどんノートに書いてみよう。〜毎日のゴール設定の風景〜


※こちらの記事はDAISUKEKOIDE.COMメールマガジンからの転載です。
 
メルマガ登録は、こちら
 
 
 
(以下転載)
 
思いついたものはwant to。
 
どんどん手帳に書いてみること。
 
そこからつながるストーリーを自分の中で楽しみながら繋げて行くこと。
 
すると思ってもみない化学反応を起こしたり、ゲシュタルトが統合されたりする。
 
ゴール設定のゴールはゴール達成ではなく「自我関数の書き換え」であると知ること。
 
下世話なゴールでもいいし、自分勝手なゴールでもいい。そこは自己責任が伴うことを我々大人は理解しているはず。自分のケツは自分で拭こう。
 
そのインスピレーションを逃さない。脳はすぐに、そのナイスアイデアや心からのwant toを忘れてしまう。甘い球を逃さなければ試合に勝てる!(野球の例えにいつもなってしまいます)
 
世間の常識とは一見かけ離れていると感じることくらいの方がいい。それが時間が経てば、世間は「価値」とみなすから。
 
現在の自分の自我関数で評価せず、その直感に従うこと。その馬鹿げているけれども心が踊るようなアイデアを、神の声だとか勝手に定義してもいいし、お告げだとか定義してもいいし、とにかく手帳に書いてみること。
 
実際は神の声でもなく天からのお告げでもない。ガチでそれを信じてしまえばスピリチュアルの罠にはまる。
 
単なる脳の計算の出力でしかないのだけれど、そのポンと出力された謎の解は、我々の現時点での自我関数では評価できないもの。
 
評価できないからこそ、現状の外だということを忘れないこと。
 
脳はとても面白い計算機。
 
だからこそ、面白い計算をさせてやること。たくさん計算をさせてやること。それがゴール設定の風景。
 
 

ONLINE SCHOOLのお申し込みはこちら
 
BRAIN WORK OUTのお申し込みはこちら

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する