Blog

【動画】コーチングとは無意識を味方につけること


 

意識と無意識についてキチンと理解することで、コーチングの精度も大きく上がってきます^^
 
自分の脳には、どのようなカラクリがあるのか?を理解できれば、それを作用させることが可能です。
 
そして意識と無意識を考えた時、コーチングの中で使っていきたいのは「無意識」ですね。
 
無意識に任せる。やってもらう。というのは、ゴール設定においても、アファメーションやセルフトーク、ホメオスタシスなどを丁寧に理解していく上でも、全てに共通して理解しておきたい概念です。
 
人間の脳はかなり面白いもので、無意識領域が「リアル」だと思うものがリアルになってしまうということです。
 
そこにホメオスタシスは働き、ついつい体が動いてしまうような感覚になります。
 

 
そのような感覚を苫米地博士は、「努力はいらない」とおっしゃいます。
 
実際に本人は、努力しているような感覚ではないが、周りから見ればそれは凄まじい努力に見えてしまうという現象ですね。
 
この辺りを丁寧に理解すると、「努力はいらない」という言葉自体が、脳の中でキチンと走り出します。
 
努力はいらないではなく、努力していると感じているのであれば、それは間違いということにも気づくことができます。
 
オンライン・コーチングでは、そのあたりもしっかりと踏まえて、学んでいきたいですね^^
 
 
BRAIN WORK OUT ONLINE COACHINGのご案内はこちら
 
DAISUKEKOIDE.COMメルマガ登録はこちら

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する