Blog

セルフトークを侮るなかれ。人生の主導権を握る方法


ブログよりも深い内容を無料動画でお届けする「小出コーチのメルマガコーチング」はこちら
 
 
 
「人生の主導権を握る」とはどういうことでしょうか?
 
 
多くの方がピンとこないかもしれません。
 
 
簡単に言うとそれは、「自分自身のゴールへ向けて、有利にマインドを使っていく」ということ。
 
 
誰かからの情報、世の中の風潮、他人からの書き込み、偏った知識による判断。
 
 
私たちの生きる社会には様々な情報で溢れています。
 
 
私たちは文字、言葉、感情などの様々な「情報」の波のなかで「情報」をインプットし続け、脳を使って処理を繰り返しています。
 
 
しかし、ほとんどの場合、自らのマインドの使い方を「無意識」に任せてしまっています。
 
 
逆にマインドを上手く操る人は、様々な情報や情動に対して、常に「意識的」に自分のゴールに対して、有利な方向にマインドを活用しています。
 
 
そして意識的に、自分のゴールに対して有利な方向にマインドを活用することが、やがて「無意識」にできるようになっていくのです。
 
 
コーチングの中で代表的なプリンシプルの中に「セルフトーク」というものがあります。
 
 
セルフトークをコントロールすることは、自分の人生の主導権を握ることに繋がります。
 
 
このパワーを侮ってはなりません。このパワーは偉大で、圧倒的なのです。
 
 
セルフトークという単語を知っているだけでは価値を持ちません。それを活用し、使い倒し、身体に落とし込んでこそ、本来の爆発的な効果を生み出すのです。
 
 
そしてそれは、やがて非言語によって周りに伝播し始めます。自分の人生だけではなく、周りの人々にとっても良い影響を、勝手に与えていく事が可能となります。
 

セルフトークとはなにか?

1

 
セルフトークとは、日本語に訳すと「内省言語」といいます。
 
自分が自分に対して、語りかけている言葉。
 
気持ちがいいな・・・
心地が良いな・・・
なんだか退屈だな・・・
嫌な感じがするな・・・
 
人間は、「言葉」として自分の口から発するよりも、自分に対して「語りかける」言葉の方が圧倒的に多いのです。
 
それは1日に4~6万回ほどだと言われています。相当な数ですよね。
 
例えば
 
自分に自信がない
 
こんなセルフトークを持っている人がいたとしましょう。
 
この方は、事有るごとに「自信がない」というセルフトークを1日に4~6万回も自分に対して浴びせ続けています。
 
そう考えれば、読者であるあなたは自分に対して、どんな言葉を浴びせてあげたいでしょうか?
 
そのコツとはどこにあるのでしょうか?
 

セルフトークの仕組み

2
 
コツを得るためにはまず、セルフトークの仕組み(脳の構造と設計)を簡単に理解する事が重要です。
 
人間のセルフトークとは、もともと「自分にとって悪いもの」が回るように設計されています。
 
失敗するかもしれない・・・
これは間違いかもしれない・・・
自分はできないかもしれない・・・
 
これは、人間のDNAに刻み込まれた「生存本能」によるもの。人間は常に「過去の失敗」から学び、過去の記憶から失敗を引っ張り出す事で、自分の命に危険がないように、常に「石橋を叩いて叩いて」というセルフトークを回しているのです。
 
まずはそれを理解する事が大切です。これは悪い事では有りません。過去にした失敗を繰り返さないよう、自分の中で放っておいてもセルフトークを回してくれるわけですから、「失敗を防ぐため」の便利な機能だと捉えればいいでしょう。
 

構造を理解した上で、「認識に上げる」

 
セルフトークの構造、設計を理解した上で、次のステップに進みましょう。
 
それは、「認識に上げる」ということが、セルフトークを習得する=人生の主導権を握る上で、最も重要なコツなのです。
 
今、自分はなんだか「嫌な感じ」を感じたな・・・
今、自分は「心地よい」感覚を味わっているな・・・
なぜ、「嫌な感じ」を感じたのだろう?
どこからこの気持ちはきたのだろう?
 
人間は、様々なことを無意識に行なう事のできる生き物です。セルフトークももちろん、ほとんどの場合「無意識」に行なっています。
 
しかし、無意識に行なっているものは、コントロールすることができません。気づかずずっと同じセルフトークが回り続けてしまいます。
 
だからこそ大切な事、それは「認識に上げる」
 
人間は何事も「認識に上げる」ことができれば、コントロールが可能となります。
 
セルフトークは放っておけば、どうしても「マイナス」に回ってしまいます。
 
失敗するかもしれない・・・
失敗は怖い・・・
失敗しないようにしたい・・・
挑戦するのを辞めておこう・・・
 
マイナスなセルフトークから、新しいものが生まれることは極めて少ないでしょう。
 
だからこそ、
 
失敗するかもしれない・・・
あ。今こんな気持ちがセルフトークに回ったな(認識にあげる)
ん?この気持ちはどこからきたんだ?
おお!過去にこんな失敗をしたからかもしれない!
今回は、こんな方法を試してみるといいかもしれない!
 
などといった風に、セルフトークを認識に上げることができれば、そこからクリエイティブな脳の使い方をし始めます。
 
だからこそセルフトークを認識にあげることができるようになれば、8割OKです。
 
これまで無意識に任せっきりだったセルフトークを認識にあげることで、あなた自身の人生の全く新しい旅が始まるのです。
 
様々なことに気がついたり、新しい事を見つけたり、自分のブリーフシステム(信念)の欠陥を見つける事が出来たり、ブリーフシステムを書き換える(内部表現の書き換え)ができるようになるのです。
 
セルフコーチングをしていく中で、セルフトークは最も重要なプリンシプルの一つと言えるでしょう。
 
簡単な事ですが、ほとんどの方がここまで徹底して、セルフトークをコントロールしようとはしていない。それはもったいないことです。
 

セルフトークを習得した先に

3
 
まずは1週間続けてみて下さい。さらに1ヶ月、3ヶ月と続けることができれば、あなたはセルフトークの達人になることでしょう。
 
セルフトークをマネージできるようになると、新たなゴールもたくさん見え始めます。
 
物事にどんどんチャレンジしたくなります。
失敗が怖くなくなります。
他人の目が気にならなくなります。
 
私のクライアントさんの中でも、多くの方が早くて2ヶ月、遅くても4ヶ月くらいで、このセルフトークを完全に習得され、自分のゴールを邪魔する多くの情報や情動から解放されている現実があります。
 
この技は、一生モノです。誰でも身につけることができ、しかも身につける事が出来れば、それは一生使うことができます。
 
現実にコーチングを受けて頂いたクライアントさんは皆、コーチング終了後にこんなふうにおっしゃいます。
 
「このマインドの使い方は、これからの私の人生で一生使う事が出来るから。コーチングを受けずして、今まで通りの自分のマインドの使い方で生きていくと考えると少し怖いですね」
 
なんて言う方もいらっしゃいます。
 
コーチが相対し、同じ場を共有し、半年間掛けてコーチングを行なうことにより、マインドの使い方、セルフトークの回し方を書き換えていく。それがコーチングの神髄です。
 

まとめ

・人生の主導権を握るとは、セルフトークをコントロールすることにあり。
・セルフトークの仕組みを理解しよう
・セルフトークは「悪いもの」が回りやすい
・認識に上げることができれば8割OK!
 
ブログよりも深い内容を無料動画でお届けする「小出コーチのメルマガコーチング」はこちら
 

【5/28(土)コーチングミーティング in大阪】

私、小出大輔がファシリテーターとなり
 
ブログや書籍では学べないコーチングのより深い部分を
 
皆様とともに体感し、コーチングを身体に落としていきます。
 
コーチングをより深く学びたい方
コーチングを人生に活かして行きたい方
ゴールを見つける、更新するきっかけが欲しい方
ご自分のゴールに有利なセルフトークを身につけたい方
ヴィジュアライゼーションの神髄を知りたい方
パーソナルコーチングを受けようか迷っている方
 
日時:5/28(土)
時間:13:00~14:30
価格:12000円(お茶代込み)
場所:大阪市内 ホテルラウンジ(参加者のみにお伝えします)
人数:3名
予約:参加費の事前振込を頂いた時点で予約完了
 
※限定人数に達し次第募集終了となります。
※参加費にはお茶代も含まれます。
 
下記URLもしくはinfo@daisukekoide.comにて受付を行なっております。
 

5/21(土)セミナー情報 

rp_26636084785_a6b0be5577_o.png
 
詳細はこちら
 
 
 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する