Blog

悩みを抱えている人にプロコーチが伝えたいこと3選


悩みが解決できない・・・
ずっと悩み続けている・・・
悩みを持っていて苦しい・・・
現代に生きる私たちは、多かれ少なかれ「悩み」を抱えています。クライアントさんにコーチングをさせて頂く際も、心の中にある悩みを打ち明けて頂くケースは多いですし、悩みを解決したいと思われている方は非常に多いのではないかと思います。
 
しかし、コーチングを受けて頂いた全ての方が、ご自身の「悩み」について認識が大きく変わっていらっしゃいます。ちょっとしたスコトーマ(心理的盲点)が外れるだけで、「実は悩んでいなかった」「自分が思い込んでいただけだった」「解決策は目の前にあった」というケースも少なく有りません。
 
コーチングでは、「抽象度」という考え方があります。分かりやすく言えば「物事を一つ高い視点」から見ることを意味します。コーチングでは「抽象度」を上手く操ることによって、自分のマインドを上手く操り「悩み」をチャンスに変えたり、新たな発想の種にしていく事が可能です。
 
今回は「悩み」に対してのアプローチ方法をコーチングの視点からご紹介します。
 

「悩む」はダメじゃない

1
 
まず非常に多いケースは、多くの方が「悩んでいる自分」に対して、どこか無意識のうちに「自分はダメな人間」というセルフイメージが貼り付いてしまっているケースです。
 
悩んでいる自分=ダメな人間
 
しかし、果たして本当にそうでしょうか?悩むという行為そのものは、むしろ非常に素晴らしいということを認識して頂きたいです。
 
悩むということは、自分の人生、在り方、生き方について、しっかりと自分の頭で考えているということ。言い方を変えれば、「真剣に生きている」ということです。その行為に対して「自分はダメな人間だ」というイメージを持つ必要は全くないんだと知って頂きたいのです。
 
悩んでいる自分=自分の人生を誰よりも真剣に生きている自分
 
そう認識するだけで、脳の中の自分に対するセルフイメージが変わってきます。結果的にご自身の脳内にあるブリーフシステム(信念)が徐々に書き換り、セルフエスティーム(自尊心)が高まってきます。
 

悩みはヒントである

2

2つ目は、「悩み」は、自分の人生を変えていく上で、大きなヒントになるということです。ここでは分かりやすく、ビジネスの話を例に取り上げてみたいと思います。
 

女房の下着を買いにいって大恥をかいた

レイモンドさんという男の方は、ランジェリー(女性用下着)が大好きな妻のために、誕生日や記念日にはいつも百貨店に足を運び、妻の為にランジェリーを選び、購入していました。
 
しかし、その度レイモンドさんは、店の他のお客さんの目が気になり、いつも恥ずかしい思いをしながら、妻へのプレゼントを買うはめになっていました。色やデザインなどを選んでいる時間も無いほど恥ずかしく、どこか居心地の悪い店内。いつしか「愛する妻のためにプレゼントを買う」という行為が、「恥ずかしく、一刻も早く済ませたい嫌な行為」になってしまいました。
 
レイモンドさんはそんな悩みを抱えていたのです。
 
しかし、レイモンドさんはその「悩み」からヒントを得て、ビジネスをスタートさせました。
 
男性でも気軽に女性の下着を選べるようなお店を作りたい
 
レイモンドさんは、女性用ランジェリーを「男性目線」から捉えたお店をスタートさせたのです。そのお店の名前は「ヴィクトリア・シークレット」といい、現在では世界的なブランドへと成長。レイモンドさんの「ちょっとした悩み」は、今や一大事業にまで発展しました。
 

今や世界的なランジェリーブランドに成長した「ヴィクトリアシークレット」はレイモンドさんの小さな悩みから始まった。

 
レイモンドさんは、自分自身の「悩み」を「ヒント」として上手く活用した素晴らしい例だと思います。「悩み」は「自分を苦しめるだけのもの」だけではないことが分かって頂けると思います。もしかするとそれはビジネスに繋がるかもしれない。あるいは、同じような悩みを既に解決した人がいるかもしれない。「悩み」=「ヒント」と捉えることで、スコトーマ(心理的盲点)が外れ、全く新しい解決策やアイデアが出てくるケースは意外と多いのです。
 

悩みは過去である

3
 
3つ目は「悩みは過去である」ということを認識して頂きたいということです。
 
ほとんどの場合、悩みとは「過去」の出来事やご自分の行為、判断などによって起こるものだということ。
 
過去にこうだったから・・・
こういうミスを犯してしまったから・・・
今までこんな生き方だったから・・・
 
しかし、抽象度の高い視点(今の視点より少し上げた視点)で考えてみると、過去は1秒ごとにあなたから遠ざかっていくことが分かると思います。
 
そして、こうしてブログを読んで下さっている1秒ごとに、未来がどんどんあなたに向かって迫ってきていることも、同時にお分かり頂ける事でしょう。
 
だからこそ「過去」に縛られるのではなく、「未来」を基準において、物事を考えるという視点を持って頂きたいのです。
 
次はこうしよう。
明日はこれを試してみよう。
1年後はこうなっていよう。
 
人間が「過去の事」を悩み続けてしまうのは、ある意味仕方のないことです。人間の脳は自分の生命を維持する為に、「過去ベース」「失敗ベース」の記憶の方が強烈に書き込まれるように設計されています。なんども同じ失敗をしないように、人間の脳は自動的に過去の失敗や体験を、強烈な情動記憶として書き込んでしまいます。
 
それを理解した上で、「未来」に対して自分のマインドを意図的に使っていくことが、結果的に「悩み」を最大限に活かす方法なのです。
 

最後に

「悩み」に対しても、脳の仕組みを理解する事で、自分自身でマネージしていくことは可能なのです。それが上手く使いこなせるようになれば、悩むことを恐れなくなり、上手く付き合えるようになり、やがて「悩み」すら、自分のゴールを達成するために上手く活用できるようになります。
 
だからこそ、まずは安心して欲しいということを、プロコーチとして皆さんにお伝えしたいと思い、今回はこのブログを執筆しました。
 
人間の脳の使い方は、ある意味「自転車の乗り方」と同じようなものです。使い方を覚えるまでは少し大変ですが、一度覚えてしまえば、二度と忘れる事はありません。やがて放っておいても、脳を上手く活用し、様々な問題を解決できるようになります。
 
現在「悩み」を抱えているあなたも、まずはリラックスし、「悩み」に対するイメージを少しずつ書き換えてみて下さい。そうすれば、おのずとエフィカシーが上がり、「悩み」すらチャンスと思えるマインドになってきます。
 

<まとめ>

・悩みに対するアプローチを変えてみよう
・悩むことはダメじゃない。むしろ悩んでいる人は「真剣に人生を生きている人」である。
・悩みの中に、実は様々なヒントが眠っている。
・悩みは「過去」から来ている。過去は遠ざかっていき、未来は迫ってくる。だからこそ「未来ベース」で考えるクセをつけよう。
 

【少数精鋭】圧倒的な空間を共有する「コーチングミーティング」

tt
 
圧倒的な臨場感の中で内部表現を次々と書き換えていく企画「ジャイロボーラーコーチングミーティング」は「頭」ではなく「身体」に落とし込むための少数限定のミーティングです。
 
ほとんどの方が、「理論は知っているけど、いまいちコーチングを上手く使えていない」という問題を抱えています。
 
今回はそんな方に対して、「頭」ではなく「体感」まで落とし込むための様々なレクチャーを行なっていきます。大勢の参加者が集うセミナーでは体感できないレベルまで体感を感じて頂くため「限定3名」とし、圧倒的な臨場感空間を共有し、内部表現の書き換えを行なって頂きます。ぜひ、会いにきて下さい。お待ちしています。
  
詳細はこちら

開催情報

日時:4月30日(土)
 
時間:13:00~(2時間)
 
料金:10,000円(事前振込)
 
定員:3名(定員に達し次第受付終了となります)
 
場所:広島市内(詳細はセミナー参加者の方のみにご連絡致します)
 
特典:1ヶ月無料メールコーチング他、様々な特典をご用意しております。
 
 
 

スペシャル動画プレゼント中!

スクリーンショット 2016-04-19 16.22.23

メルマガに登録するとメルマガ読者限定で配信した動画「心からwant toのゴール」を感じるための意外な秘密! をプレゼント中!今すぐ登録して動画をゲットしよう!

無料なのに充実!小出コーチのメルマガ限定コーチングに登録する

 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する