Blog

コーチングって何?プロコーチが解説!3分でわかるコーチング


「コーチングってよく聞くようになったけど、一体なんなんだろう?」
 
「自分にとって、どんな風に役立つのだろう?」
 
という方も多いと思います。
 
 ビジネス、スポーツ、教育、組織運営など多くのシーンで取り入れられているコーチングは世界中で大きな成果と結果を残し続けています。
 
日本でも認知度が高まってきた「コーチング」について、プロコーチ小出大輔が分かりやすく解説していきます。
 
 
 

1人の男から始まった「コーチング」の歴史

ルータイスの歴史

 
「コーチング」の歴史は、今から40年前まで遡ります。ルー・タイスという1人の男によって、「コーチング」という言葉が誕生しました。
 
photo03

元祖コーチとして、世界の大統領や国家機関レベルにパーソナルコーチングを行なっていたルー・タイス

 

アメリカンフットボールのコーチだったルー

 
ワシントン州シアトルで生まれたルーはシアトル大学卒業後、ワシントン大学で精神保健科学の研究で教育学修士を取得します。その後高校教師としてアメリカでのキャリアをスタートしたルーは、同時にアメリカンフットボールのコーチとしても活躍します。
 

「人の才能を引き出す」を科学する

心理学を用いたルー

アメフトコーチであったルーは、次々と優秀な選手を育て上げます。
 
やがてルーは、認知心理学社会学習論など、当時のあらゆる最先端分野を用いて「人の成功はどのように生まれていくのか?」という理論を確立していきます。
 

パーソナル・コーチングという新たな仕事

top
 
そこでルーが提唱したのが、「成功するために最も効果的なのは、自らに優秀なコーチを付けることである」という結論に達します。
 
ルーはクライアントの成功を完全にサポートする「コーチング」という概念を確立し、全く新たな領域を作っていくことになったのです。
 

国家が認めたルーのコーチング

ルーの著書「可能性を引き出すスマート・トークと結果を出すパーソナル・コーチング」は国際的にも高い評価を得ます。
 
シンプルな理論の中に、人間の才能を引き出す為のエッセンスを加えたこの強力な理論は、アメリカを中心に世界に導入されていくのです。
 
現在でも、米国防総省(米軍)NASAアメリカ成長企業「フォーチュン500」60%以上の企業が「コーチング」を導入しています。
 
その他にも、北京五輪8冠の偉業を達成したマイケル・フェルプスをはじめとした多くのプロスポーツ選手がルーの弟子たちのパーソナルコーチングを受け、圧倒的な成果を上げ続けているのです。
 
日本であれば、当時WBC野球日本代表監督であった原辰徳氏もコーチングについて深く勉強し、WBC大会では、素晴らしい成果を上げてくれました。
 

天才と天才 苫米地博士とルーの出会い

11
 
コーチングという仕事で成功したルーは、まだまだ自分の理論やコーチングスキルに対するどん欲な姿勢を崩しません。
 
「もっともっと、コーチングを凄いものにしたい」
 
そんなゴールを描いたルーが出会ったのは、もう1人の天才、苫米地英人博士でした。
 

もう1人の天才、苫米地英人

認知科学者、機能脳科学者である苫米地博士は、カーネギーメロン大学で博士号を取得、その他にも計算言語学、人工知能、離散数理科学、分析哲学など様々な学問に精通し、国内外問わず、多くのプロジェクトに参画していました。
 
drtomabechiferrari3_400x400

現在もビジネス、政治問わず、様々なフィールドで活躍する苫米地英人博士。ルーと共に「世界最高峰」のコーチング理論を作り上げた。

オウム真理教信者の脱洗脳

苫米地博士が一躍有名になったのは、オウム事件における信者たちの「脱洗脳」でした。人間の脳の仕組み、洗脳の仕組みを熟知していた苫米地博士は、警視庁からの要請により信者たちを「科学的に」洗脳から目覚めさせることに成功します。
 

凄い二人が、出会ってしまった

それまで「世界トップコーチ」として活躍していたルータイスと、認知科学、脳機能科学など科学の最先端を独走していた苫米地博士の二人が出会い、「コーチング」の理論と実践は二人によってさらにグレードアップされていったのです。
 

天才二人の理論に出会った小出コーチ

野球のテクニカルコーチとして、キャリアをスタートした小出コーチ。
野球のテクニカル指導世界トップ集団「上達屋」にて修行を積み、個人指導チーム指導含め、多くの実績を上げていきました。
そんな様々な経験の中で感じ始めたのが「テクニカル」(技術)の部分を大きく左右しているのが、「心」であるということ。
「脳と心」とは何か?
それはどのように人々のパフォーマンスに影響していくのか?
心理学や脳機能科学、認知科学に興味を持ち始めた小出コーチが出会ったのが、一冊の本だったのです。
refdp_image_z_0

ルータイスと苫米地博士の共著「アファメーション」にてコーチングの素晴らしさを知った小出コーチ。自らもコーチとして活動しようと心に決める。

僕は確信しました。
「これは、絶対に学び、広めていかなくてはならない!」
「これは、スポーツに留まらない。今の日本に必要な技術だ!」
コーチング業界を引っ張るトップコーチ達が集う「株式会社コレクティブエフィカシー」で、世界トップレベルのコーチングを学んだ小出コーチは、プロコーチとして独立し、現在では全国を飛び回って活動しています。
 
その他にもエリクソン心理療法や平均化訓練、クオメソッドなど、あらゆる知識体系を盛り込んでいき、日々コーチング技術に磨きをかけ続けています。
 

二人のコラボレーションで進化するコーチング

 

心理学から認知科学、脳機能科学へ

「心理学」を軸にルーが体系立てていた「コーチング」に苫米地博士が新たなパラダイムである「認知科学」や「脳機能科学」のエッセンスを組み込むことで、コーチングの精度はこれまで以上に劇的な成果を見せ、今なお成功を納め続けているのです。
 
現在では、日本でもコーチングを導入し、実践し始める個人や団体は日々増え続けており、小出コーチが提供するパーソナルコーチングも、この二人の圧倒的な理論と歴史に裏付けられたものです。
 
自分の才能をもっと高めたい
もっと凄い自分に出会ってみたい
ビジネスを成功させたい
素晴らしい人生を送っていきたい
 
コーチングに興味を持った方は、是非学んでみられることをオススメします。色々な発見と驚きがあるはずです。
 
コーチングが気になった方はこちらの記事もチェックして下さい。
 

<まとめ>

・ルータイスから始まった「コーチング」
・もう1人の天才、苫米地英人博士
・天才二人がさらにアップデートしていく「コーチング」
・心理学から認知科学と脳機能科学へパラダイムシフトし、さらに圧倒的な理論体系へ。
・小出コーチも世界最高峰のコーチングを提供している。
 

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する