Blog

ゴールが見つからない人が理解すべき耳の痛いお話


「ゴールが見つかりません」という方は多いかと思います。それはある意味で仕方のないことであり、教育という名の下、我々自身の洗脳が一丁上がっていることに他なりません。ゴールが見つからない人は大抵が社会に適応できる、真面目で優秀な方です。僕はそういった方とお会いした時、この言葉を思い出します。
 
あなたは狂っているわ。でもそれでいいのよ。だって偉業を成し遂げる人は皆、狂っているのだから。
 
アリスワンダーランドより引用
 
ゴールありきの人生を歩んでいる人は、「洗脳一丁上がり組」から見れば「狂っている人」です。Crazy one(クレイジーワン)です。それがスティーブ・ジョブズでありジョン・レノンでありボブディランです。(多分他にも一杯いますw)
 
人生を楽しむとは、究極を言えば、「狂ってると言う側」に回るのではなく「狂う側に回る」ということかと思います。
 
我々は、教育という自らのゴールを描くことのできないように見事にデザインされた監獄の中で育ちます。我々は見知らぬ大人から「カリキュラム」を手渡され、それをやるのが良い子なのだよと教えられます。
 
「あなたのゴールはテストで1点でも多く取ることです」とゴールを与えられ、いくら頑張っても100点以上は取ることのできない「テスト」というゴールに向かって懸命に頑張ります。(学ぶことはもちろん重要です!)
 
しかし一方で、我々が心から望む人生は、100点では足らないはずです。1億点でも100億点でも、自らの望むなにかを、どんどん取りに行きたいはずです。
 
そしていざ社会に出た時に、『あれ?なんかおかしいな』と気がつきます。その時に感じるのは、人間のDNAレベルで感じる「いかんとも説明しがたい違和感」=「直感」に他ならないでしょう。人間は本来、飼いならされるようには設計されていません。
 
我々は「ゴール」を描けないように「教育」という名の下、見事に上手に一丁やられてしまっているのです。「誰かに用意された何か」に取り組むことを正義とされ、それは強固なコンフォートゾーンを形成します。
 
一方で「自らが掲げる偉大で壮大なゴール」などという発想自体にコンフォートを全く感じないように仕上げられています。しかし、人間の脳と心は本来そのようなデザインで造られてはいません。「現状の外側のまだ見ぬフロンティア」に挑むことこそに喜びを感じるよう設計されており、そのことを鑑みれば違和感を感じるのはあまりにも自然と言えます。
 
教育に関してはある意味で、「教育のゴールはなにか?」を見極めることで視野が開けるでしょう。我々が受けて来た教育は第二次大戦後のGHQによって「統治」のために施されるものです。
 
統治といえばなんだかカッコいい(?)ですが、分かりやすく言えば、「面倒を起こさないように、みんな思考停止にして、扱いやすくしてしまえ」ということです。「バリバリ現状維持しなさい!」という御触書のもとに育つのです。我々はそういった意味で、囲いに囲われたか弱き羊です。なんだかわお!ですね!
 
そんな我々がある日突然、脳の仕組みを知り、コーチングを知り、「現状の外側」にゴールを設定しようとしたとて、まず上手く行かないのは当たり前と考えましょう!我々は「ゴールを描く」という神経回路網自体を、あらゆる手段を用いて遮断し続けて生きてきたわけですから、それは仕方がないのです。
 
だとすれば我々に出来ることはなんでしょうか?答えはいつもシンプルです。
 
ゴールについて真剣に、毎日毎時間毎分毎秒考え抜くことです。分からないことがあればそれを調べ、調べたものを噛み砕き、食べるように学ぶことです。
 
ゴールを描けないコンフォートゾーンを、自らの情熱と意志を持ってして、強行突破していくことです。それ以外に道はないのです。
 
できねえって泣いてないで、やれよ。
 
by Toshi-low (Brahman)
 
Toshi-lowさん怖いですね!wでもそれが真実です。やるしかないのです。自分の人生なのですから!
 
ゴールが描けない人はまず、ゴールを徹底して出して行くことから始めましょう。というよりもそれが全てです。ゴールについて日頃10分も真剣に考えない人が「真のゴールが見つかりません」というのであれば、それは目も当てられない「思考停止」です。一丁上がりです。誰もあなたのゴールなど、与えてはくれません。与えられたいのなら、囲いに戻るべきです。
 
「コーチングを使うと、楽して夢が叶うんじゃないんですか?」という方には「楽をしたいならコーチングなんて必要有りませんね!」と教えて上げましょう!コーチングとは自分の限界を突破していくための科学的方法論であり技術です。楽をしたい人のためにあるものではありません。
 
しかし、本当に大切なのは、その先にこそ、本当の「面白い世界」が待っているんだと言うことです。自らについて考え、思考し、ゴールを吟味し、いや違うかもしれないとまた考え、そうして見えてくる世界の上の系にまた次の系があり、果てなく続く、ハードにしてエキサイティングな人生という旅こそ、本来我々が望む「楽しい人生」のはずです。
 
常にゴールを考え、ゴールをひねり出し、ゴールへ向けて駆け上がることの出来る「ゴール脳」を手に入れましょう。それはコンフォートゾーンであり、ルータイスが言う「ゴールありき」の人生を生きていくということです。
 
わからないのであれば学びましょう!学びたいという気持ちさえあれば、お応えします!
 

【コーチング理論とゴール設定を一気に俯瞰する!セミナー】

セミナー詳細はこちらコーチング理論とゴール設定を一気に俯瞰して使いこなそう!

日  時 7/16(土)
時  間 10:00~12:00(12:30まで質疑応答)
場  所 広島市内セミナールーム(参加者のみに告知)
参加資格 ブログ読者
定  員 3名
価  格 30000(銀行振込)
持参物  筆記用具と人生への情熱!
 
 
日  時 7/22(金)
時  間 19:00~21:00(21:30まで質疑応答)
場  所 東京23区内セミナールーム(参加者のみ告知)
参加資格 ブログ読者
定  員 3名
価  格 30000(銀行振込)
持参物  筆記用具と人生への情熱!
 
 
 
※下記の内容を申込窓口までお送り下さい
 
①お名前
②メールアドレス
③参加希望会場(広島or東京)
④希望動機・要望など