Blog

人としての「強さ」とは一体なんだろうか?


ブログよりも深い内容を動画にて配信中
メルマガコーチング」はこちら
 
 
「強さ」
 
 
 
男として
 
 
 
人間として
 
 
 
その響きには
 
 
 
特別なものがある。
 
 
 
「人としての強さ」
 
 
 
少し意味合いが
 
 
 
変わってくるように感じる。
 
 
 
年を取れば取るほどに
 
 
 
私たちは「人としての強さ」を
 
 
 
求めるのかもしれない。
 
 
 
強さとはなにか?
 
 
 
同時に弱さとはなにか?
 
 
 
今日はコーチとして、
 
 
 
強さについて考えてみたい。
 
 
 
強さとはなにか。
 
 
 
なぜ強くありたいと思うのか。
 
 
 
強くある必要はあるのか。
 
 
 
 
新たな発見がありそうな
 
 
 
興味深いテーマである。
 
 
1
 
 
迫力
 
威力
 
腕力
 
自己犠牲
 
かっこ良い
 
ハードボイルド
 
正義
 
財力
 
リーダー
 
 
 
 
「強さ」を象徴するものを上げれば
 
 
 
きっときりがない。
 
 
 
「強さ」を正確に定義することなど
 
 
 
きっとできないのだろう。
 
 
 
人々はこの、
 
 
 
どこか捉えどころのない
 
 
 
「強さ」というものに
 
 
 
強い憧れを抱く。
 
 
 
一方で、
 
 
 
「この人は本当に強い」と感じるとき
 
 
 
ただ直感で、
 
 
 
それを感じるとき。
 
 
 
そういう人に出会い、
 
 
 
目の当たりにしたとき。
 
 
 
上に上げたような要素は、
 
 
 
全く含まれていないことに
 
 
 
僕たちは気がつくことがある。
 
 
 
強さは、他でもない、
 
 
 
「圧倒的な弱さ」を含んでいることに
 
 
 
僕たちは気がつくのだ。
 
 
 
本当に強い者は、
 
 
 
自らの弱さを知っている。
 
 
 
自らの弱さを受け入れ
 
 
 
弱さと人生を共にしている。
 
 
 
弱さを売りにする強者だっている。
 
 
 
強い者は必ず、
 
 
 
弱さを飼い慣らしている。
 
 
 
むしろ、弱さと
 
 
 
仲良しこよしだ。
 
 
 
本当に強い者は、
 
 
 
その弱さと戦おうとはしない。
 
 
 
むしろその弱さを受け入れ、
 
 
 
その上でなお、自分が
 
 
 
どうありたいのかを決めている。
 
 
 
本当に強い者は
 
 
 
抗うことなくただ、
 
 
 
圧倒的に、
 
 
 
自分の意志により
 
 
 
未来を決定しているのだ。
 
 
 
弱さを消そうと
 
 
 
もがくのではなく
 
 
 
全く新しい
 
 
 
「どうありたいか」という
 
 
 
「強さ」を持っている。
 
 
 
コーチングでは、それをゴールと呼んだり
 
 
 
世間はそれを目標と呼んだり
 
 
 
若者はそれを夢と呼んだりする。
 
 
 
呼び名はなんだっていい。
 
 
 
本当に強い者は
 
 
 
そういうものを、
 
 
 
圧倒的なそういうものを
 
 
 
持っているのだ。
 
 
 
 
決して弱さに
 
 
 
屈したりはしない。
 
 
 
しかし、
 
 
 
だからといって
 
 
 
戦うわけでもない。
 
 
 
その「全く新しい何か」を基準に
 
 
 
その「未来のあるべき自分」を基軸に
 
 
 
強い者たちは生きている。
 
 
 
近い未来に
 
 
 
自分は、どうなっているのか。
 
 
 
あるいは隣人は
 
 
 
どうなっているのか。
 
 
 
はたまたこの地球は
 
 
 
どうなっているのか。
 
 
 
次はどんな
 
 
 
強い相手との勝負を
 
 
 
楽しんでいるのか。
 
 
 
今よりも少し強い自分は
 
 
 
どのような振る舞いをするだろうか。
 
 
 
人々にどう接し
 
 
 
どう話かけ、
 
 
 
勇気づけるだろうか?
 
 
 
強い者は、そのような
 
 
 
全く新しい「強さ」に
 
 
 
フォーカスしている。
 
 
 
その時、
 
 
 
強い者の中に眠る「弱さ」は
 
 
 
完全に飼い慣らされているのだ。
 
 
 
強い者は、
 
 
 
圧倒的なまでの美しさを放つ。
 
 
 
それはきっと、
 
 
 
一瞬にして理解できてしまう。
 
 
 
しかし一方で
 
 
 
理解を超えた、
 
 
 
言葉にはできない、
 
 
 
ただそこにある「何か」を持つ。
 
 
 
優しく
 
 
 
暖かく
 
 
 
そして圧倒的な何か。
 
 
 
強くあろうとする者を
 
 
 
さらに強くするモノ。
 
 
 
それは他でもない。
 
 
 
それは、その人が描き出す
 
 
 
ゴールそのものの存在だ。
 
 
 
強くありたければ、
 
 
 
ゴールを持てばいい。
 
 
 
考えるだけでなんだか
 
 
 
胸が熱くなるようなアレだ。
 
 
 
子どものように
 
 
 
1人でニヤニヤしてしまいそうになる
 
 
 
アレのことだ。
 
 
 
それさえあれば、
 
 
 
キミも僕も、強くなれる。
 
 
 
僕たちはいつだって
 
 
 
強く、かっこ良く
 
 
 
ありたいだろう。
 
 
 
ゴールを持つ者と
 
 
 
持たざる者。
 
 
 
その差は圧倒的だ。
 
 
 
さあ、次はお前の番だ。
 
 
 
野次馬はもう、
 
 
 
終わりにしてさ。
 
 
 
ブログよりも深い内容を動画にて配信中
メルマガコーチング」はこちら
 
 
 
 

5/21(土)セミナー情報

rp_26636084785_a6b0be5577_o.png
 
 詳細はこちら
 

【コーチングミーティング in大阪】

日時:5/28(土)
時間:13:00~14:30
価格:12000円(お茶代込み)
場所:大阪市内 ホテルラウンジ
人数:3名
予約:参加費の事前振込を頂いた時点で予約完了
 
私、小出大輔がファシリテーターとなりブログや書籍では学べないコーチングのより深い部分を皆様とともに体感し、コーチングを身体に落としていきます。
 
※限定人数に達し次第募集終了となります。
※参加費にはお茶代も含まれます。
 
下記URLもしくはinfo@daisukekoide.comにて受付を行なっております。

【DAISUKEKOIDE.COM】メルマガ

A

 

企業経営者、起業希望者、スポーツ関係者を中心に多くの読者を持つメールマガジン【DAISUKEKOIDE.COM】は、ブログの内容をより深く吟味し、コーチングをDNAに刻み込むことを狙うメールコーチングです。次世代を背負うリーダーに読んでもらいたいコンテンツを配信致します。ご登録頂きますと、これまでのテキスト、動画による膨大な量のコンテンツの全てをご覧頂けます。


無料登録する